Macbook Pro を再セットアップ

仕事で使っていたMacbook Proを使用しなくなったので、
クリーンインストールして持って帰っていたのだが、
仕事が忙しくてさっぱり触れてなかったので再インストールした。

ソフトの導入

テンプレ

  • iTerm2: 必須ターミナル
  • Alfred2: クリップボード履歴用
  • Flexiglass: ウィンドウのりサイズ

Homebrew

まずは何も考えずにXcodeをインストールする。
HomebrewはC++のバイナリを持ってきてMac内でコンパイルする仕組みだからXcodeがどうしても必要。
Xcodeの認証を済ませてHomebrewをインストール。

1
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Git

バージョンが新しいとなんとなく嬉しいので導入。
ちゃんと新しくなってるな、よしよし。

1
2
3
4
$ brew install git
$ git --version
git version 2.12.0

fish shell

Fish使いなので導入
ついでにログインシェルを書き換える

1
2
3
4
5
6
7
8
$ brew install fish
$ which fish
/usr/local/bin/fish
$ sudo echo "/usr/local/bin/fish" >> /etc
$ chsh -s /usr/local/bin/fish

永続化メモ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
# PATHの永続化
$ set -U fish_user_paths $HOME/.nodebrew/current/bin $fish_user_paths
# 環境変数の永続化
$ set -xU NODE_PATH $HOME/.nodebrw/current/lib/node_modules
# aliasの永続化
$ alias dc docker-compose
$ funcsave dc

参考リンク:

Node

Nodebrewを使ってインストール
NODE_PATHが公式に書いてない罠さえ除けば最強だ
最近stableとlatestの違いがわからない件について

参考リンク:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
# fish用のセットアップ
$ set -U fish_user_paths $HOME/.nodebrew/current/bin $fish_user_paths
# このままだとグローバルにインストールしたパッケージが使えないので設定
$ set -xU NODE_PATH $HOME/.nodebrw/current/lib/node_modules
$ nodebrew instal-binary latest
$ nodebrew use latest
$ node -v
v7.2.1
$ npm -v
3.10.10
# いつものAltJSも入れた
$ npm install -g livescript prelude-ls

Docker

折角のMacbookProなんだからDocker入れておかないと損だ。

参考リンク:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
$ docker version
Client:
Version: 17.03.0-ce
API version: 1.26
Go version: go1.7.5
Git commit: 60ccb22
Built: Thu Feb 23 10:40:59 2017
OS/Arch: darwin/amd64
Server:
Version: 17.03.0-ce
API version: 1.26 (minimum version 1.12)
Go version: go1.7.5
Git commit: 3a232c8
Built: Tue Feb 28 07:52:04 2017
OS/Arch: linux/amd64
Experimental: true
# ついでにdocker-composeも導入する
$ curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.11.2/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
$ chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
$ docker-compose --version
docker-compose version 1.11.2, build dfed245

Vim

メイン獲物
デフォルトのVimはレジスタの*がクリップボードとリンクしていないのでMacvimで置き換える

1
2
3
4
5
6
7
$ brew install macvim --with-override-system-vim
$ vim
:PlugInstall
# Ag に依存しているのでインストール
$ brew install ag

設定

SierraにしたのでKarabinerはまだ導入できない。
幸いすでにターミナルでほぼ全ての作業が完結するので、キーリピートしか使ってなかったしちょうどいいや。

環境構築

ブログ (Hexo)

HexoのDisqus設定がテーマ別なのでGitからクローンしただけだと引っ越しと同時に吹っ飛んでしまう。
lightテーマの人のGitHubをフォークしてきて、それを更新することで対応。
……こういう風に使うもんだっけ?